もうすぐ私が通っている大学で文化祭が始まる。
だから、この時期はなんだかんだその準備で忙しい。
私は、この文化祭で同じゼミの仲間と発表を行う予定だ。
3年間、大学に通ってその学びの集大成として自分たちの考えを伝えていく。
それはとても難しいことだが、でもこうして皆と準備していくことはすごく楽しい。
まだまだ足りない考えも、残りの時間で補っていくつもりだ。
文化祭といえば、出店も楽しみだ。
僕の大学ではフリーマーケットも行っている。
時々、意外と良い掘り出し物があるから、ここのチェックは見逃せない。
他にも色々な出店がある。
例えばパイ投げ屋だ。
これは、お金は払わなければ出来ないことだが、人にパイを投げつけてその爽快感を味わうというものだ。
テレビでしかなかなか見たことのないパイ投げを出来るので、私の中でこのお店も楽しみの一つだ。
一つ疑問なのだが、あのパイは味がついているのだろうか。
今度の機会には、そのことも確かめようと考えている。
実を言うと、大学の文化祭で行われる屋台(食べ物を扱うお店)はあまり美味しくない。
当然、家庭科部や料理部などは別の話だが、普段あまりそういったものを扱わないサークルが作る料理は素人が作っているものなので、おススメ出来ない。
お昼のときは注意するといいと思う。
もし、この記事を読んでいる方のなかで高校生がいたら、文化祭に行ったときの注意する点をお教えしたいと思う。
基本的に大学に行ったときは、自分の家からの交通手段もきちんと考えたほうがいい。
朝、早い授業だと、そのぶん家から出る時間も早いので満員電車に巻き込まれないかとかそういったことを確認しておくことだ。
他には、自分が入りたい学部の建物がどこにあるのかということや、食堂もみておくというのもいいことだと思う。
受験のシーズンは、その大学で何が学べるかということだけに目がいきそうだが、こういった普段使うところにも目を向けることが大事だということもお伝えしたい。