快適な睡眠を得るためには適度な運動が必要です。運動量や運動の種類によってより効果的な快眠を得られるよう知識を蓄えましょう。
不眠症の場合は身体に適度な疲労感が必要ですので日中無理のない程度に身体を動かしてみましょう。たとえば朝は不眠症を改善するストレッチ、夕方に運動する際はウォーキングなどの軽い運動にしておきます。
こうした適度な運動により日中に働くことで「交感神経」を刺激し活発にしておきます。こうすることで、夜間に「副交感神経」が変わって働こうとします。この副交感神経が快適な睡眠にとても大切な作用をもたらします。
日中に交感神経が働くことで夜間は副交感神経が優位になろうと交代してくれるのでとても効果的です。
また、眠る前のストレッチなどはとても効果的です。血行が良くなることで心地の良い睡眠を得られるようになります。

また運動の適度な疲労は快眠にとても効果的ですがやはりストレスなどが不眠の大きな原因となりがちです。デスクワークなどで運動量の少ない方はストレスのない生活を心がけるようにしましょう。

こうした運動によって体温の上昇にも繋がります。体温の上昇からゆるやかな下降は快適な睡眠にとても効果があることで不眠の解消となることを覚えておきましょう。