昨日、私は親から車をかりてはま寿司にいった。本当はパソコン教室にいくのが表向きだったが久しぶりに美味しいものを食べたかったのだ。それにしても、今はこんなに便利にパソコン教室を探せるようになった。隔世の感がする。さてパソコン教室に行くのも疲れる。申し送れたが私は沖縄県の本部町在住です。本部町からはま寿司がある北谷までは車で100分ほど時間がかかる。以前は横浜市に住んでいたので、回転寿司に行こうと思えばかっぱ寿司が近くにあったり、スシローも車で15分ほどの範囲にあったので気軽に寿司を食べれた。今では、沖縄の田舎に住んでいるので車で100分ほどかけて寿司を食べに行かなくてはいけない。地域によってこんなに差があるのかと少しため息が出そうだった。

 北谷のはま寿司まで車で行くのに海沿いを走るのだが、相変わらず海はきれいだ。田舎に住んでいるメリットだと思う。
 はま寿司に着きお店に入ると白人、黒人のお客さんがいてその中に日本人がいる。近くに米軍基地があるので休日に寿司でも食べに行こうと思って来るのだろう。私はカウンター席で食べていたのだが、白人の寿司の選び方がおもしろい。白人はロール巻きや、天ぷら寿司、サラダ巻きなどを好んで食べている。イカやうに、いくらなどを食さないのかなと思う。人種が違うと嗜好がこんなに違うんだなと感じた。さらに寿司の飲み物はコーラやソーダである。みているとこちらの食欲が少しなくなった。